スマホのパリーン防止のために

初めてスマホを念願のiPhoneに買い替えたときのこと、しばらくはカバーなどせずにそのまま使っていました。

当時はまだスマホ黎明期でiPhoneを使っているというのがステータスになると思っていたのです。

カバーで隠すより、堂々とそのリンゴマークを持ち歩きたい!

と。

そしてポケットに入れていたお馬鹿な私は、スマホを持ったまま屈んで地面にたたきつけてしまったのです。

カバーがされてなかったばかりに、スマホの液晶画面はバッキバキ。
“スマホのパリーン防止のために” の続きを読む

毎日着替えて違う服で帰ってくる。

最近幼稚園に通っている娘が毎日登園した時と違う恰好で帰って来ます。

着せたブラウスとは違うブラウスになっていたり、制服で行ったはずなのに体操服で帰ってきたり。

通いだしたころから、おしっこをもらしてしまってパンツが変わって帰ることがよくあったのですが、

それは想定内でしたし、代えパンツは幼稚園に置いているので、なんとも思っていませんでした。

でも、パンツだけがブラウスも着替えるようになり、果ては制服で行ったのに、体操服で帰ってくるという、

全着替えしてくるようになりました。

日によっては2着ということもあります。
“毎日着替えて違う服で帰ってくる。” の続きを読む

アラサーになるということ

あともう少しで25歳になる。

25歳って結構節目の年齢だと思うの、若くもなくおばさんでもなく。

なんでもできるよう何にもできないような。

10代位の頃は25歳なんてほんとに大人の女性で結婚するかしないかなんて歳だと思ってた。

最近周りの友達も結婚し始めてて焦るし、そういう歳になったんだなあなんて思ったりする。

でも実際私自身はまだまだ学生気分も抜けてないし結婚なんて遠い話な気がする。
“アラサーになるということ” の続きを読む

姉として恥ずかしかったです

祖母に捧ぐ、誕生日プレゼントと一緒に、手紙も簡単に書いて添えたのですが、どうせなら、と、弟にも一筆書いてもらいました。

家の自慢は、祖父母と疎遠にならない事。

従兄妹の家(父のお兄さんの家)を始め、核家族化が進んだ今や、子供も中学高校にもなれば、親戚付き合いを鬱陶しく思うと聞きます。

冠婚葬祭の時ぐらいしか顔を合わせないとか。

家にはそれが無いなぁと。
“姉として恥ずかしかったです” の続きを読む